2016年08月01日

上海で見つけた素敵な容器

ヘアケア商品にラベルが採用されるのは
海外市場では一般的です

日本ではダイレクト印刷やシュリンク印刷などが多いですが
これはラベルならではの表現です

前から <PP透明シール>
写真1.JPG

後から <ホログラムシール>
写真2.JPG

裏ラベルに、ホログラムが採用され
正面から見ると、通常なら、全く隠れてしまう糊部分
透明の容器を通して正面からホログラムの輝きが見えます

価格は1,000円程度、
容量からすると、少し高級なシャンプー

容器の背面にホログラムがあることにより、
容器の立体感が引きたち、また中身の透明度も協調され
高級感が伝わってくるパッケージです

パッケージ全体としても、プラスチック容器が一見ガラスに見え、
細部にまでデザインのこだわりを感じました


posted by NORI研究員 at 13:48| Comment(0) | プチ知識

2016年01月16日

安全・安心

街の中では最近、監視カメラを沢山見るようになりました、
特に公共の施設や乗物では必ず。
安心感より24時間監視されているような気がするのはノリだけでしょうか?
核家族化、ご近所付き合いの減少により時代の流れかもわかりません。
先日拝見したテレビ、とある国では、家具や家電などにも鍵がついているとか、
それを考えると、まだ日本は安全で平和な国であることに
「ほっと」安心させられます。

a0238266_17434967.jpg

シールでも近年、セキュリティー関係のお問い合わせが増えております、
DVD・CDなどデーター向けの未開封シール、化粧品などのバージン性を
PRする為の未開封シール。
セキュリティー区域立ち入りの際のスマホや携帯のカメラ部分の封印シールなど。。。

透明やシルバー素材の「開封」「VOID」、「脆質(ラベル破壊)」など中心に、
その他様々に着色されたもの、文字が一部転写するもの全面転写するもの、
転写しにくいものなど、その転写の強度など仕様は様々です。

2012951457100.jpg2012828189130.jpg2012972316130.jpg

シールは安心、安全にもひと役買っているということですね。
本音を言えば、この様なセキュリティシールが必要のない世界になればいいですね!


posted by NORI研究員 at 11:02| Comment(0) | プチ知識

2015年04月01日

タック紙ってどんなもの?

春、桜、新入生、新入社員と気持ちのワクワクする時期です
今日は新しくシールの世界・業界に初めて関わられる方向けに
シール、タック紙の基本について学びましょう。


●タック紙ってどんなもの?
タック紙ってどんなもの.png

タック紙とは…
紙・フィルム(表面基材)に、糊(粘着剤)を塗工し、
セパレーター(剥離紙)を付けたシールやラベルの素材の事です。
このタック紙にシールプリンターや印刷会社様で印刷を施して、
製品となります。

では、そのタック紙を少し細かく見ていきましょう。
基本はこの三層構成。

<表面基材>表面基材には様々な種類があり、多岐に渡ります。
大きく分けて紙・フィルムの2種類がありますが、
紙にも光沢の有るもの無いもの、和紙調のもの等がります。
フィルムも同様に透明だったり、光沢があったり、金銀、
セキュリティ対策に特化したものまで様々な風合いや、
用途から選んで頂く事が出来ます。

<粘着剤>
こちらも表面基材同様、用途によって沢山の種類が有ります。
長期間にわたって貼り続ける(永久接着タイプ)
使用後は剥がす事を前提で使用する(再剥離タイプ)
温度の低い場所でも使用できる(冷食タイプ)
貼って剥がして、また貼れる(再貼付タイプ) などなど。
粘着剤の成分にも違いがあるので、用途・環境に応じた粘着剤を
使用する事によって、快適で安全に使用して頂けます。

<剥離紙>
タック紙を加工する際にはこの剥離紙が必要です。
粘着剤を保護、タック紙を平判へ加工する際に重要な役目を持っています。
タック紙を使用する際には、この剥離紙部分を剥がして、使用します。

ここでタック紙(印刷)の保護や、光沢を持たせたりする
「ラミネート材」に関しても少しだけご紹介。

●タック紙の保護
タック紙の保護.png

<ラミネート材とは>
長期間の使用や、使用環境により劣化する表面の印刷や基材を
保護する目的に使われます。他にも印字出来ない表面基材に、
印字が出来る様にする為に貼ったり、表面の風合いを替える為に
ラミネート材を使用します。「和紙ラミネート」といった和紙の
風合いを持ったラミネートも有ります。

つまり、基本の3層構成の他にもラミネート材を加え5層の構成に
なっていることもあります。
これがタック紙の基本構成です。
次回は「粘着剤」のことについてもう少し詳しく学びましょう!!!


posted by NORI研究員 at 09:48| Comment(0) | プチ知識