2018年05月14日

ラベルエキスポ東南アジアinタイ(LABEL EXPO SOUTHEAST ASIA 2018)

ラベルの大規模な展示会がタイで初開催されました(2018/5/10-12)

http://www.labelexpo-seasia.com/

当日は200ブースを超える出展があり大変賑わいがありました

IMG_4640.jpgIMG_4636.jpg

大規模なラベルの展示会、アジア地域で上海では過去にありましたが
タイでの初開催となり、東南アジア地域の盛り上がりを感じるものとなりました

タック紙としては、日本、タイ、中国、マレーシア、シンガポール。。。
などからの出展がありましたが、中でも中国からの出展が目立ちました

一般の紙・フィルムのタック紙はもちろん
セキュリティ関係の原紙の選択肢も日本と比較し多かったように思います
最も日本との違いを一番感じたのが塩ビ(PVC)の取り揃えです
白・透明・ホログラムの基材&糊の種類も充実しておりました

過去には日本でもPVC取り揃えは多数ありましたが、
環境ニーズにより現在では少なくなった経緯もあり
文化的なものも影響しながらラベルの市場がある事を感じました

IMG_4683.jpg

またタイの市場を肌で感じようと街中を散策したところ
まだまだ至るところに大きな市場(いちば)が目立ちました

IMG_4674.JPGIMG_4673.JPG

思い出せば40年ぐらい前は
日本でも市場で買い物するのが当たり前
現在ではスーパーマーケットで買物が一般的になり
それに伴いラベルの需要も拡大したように思います

次回は2020年に開催予定です。東京オリンピック開催
そして東南アジア地区の生活スタイルの変化など、
きっと劇的に変化した展示会になると思います。



posted by NORI研究員 at 15:39| Comment(0) | 展示会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。