2016年08月01日

上海で見つけた素敵な容器

ヘアケア商品にラベルが採用されるのは
海外市場では一般的です

日本ではダイレクト印刷やシュリンク印刷などが多いですが
これはラベルならではの表現です

前から <PP透明シール>
写真1.JPG

後から <ホログラムシール>
写真2.JPG

裏ラベルに、ホログラムが採用され
正面から見ると、通常なら、全く隠れてしまう糊部分
透明の容器を通して正面からホログラムの輝きが見えます

価格は1,000円程度、
容量からすると、少し高級なシャンプー

容器の背面にホログラムがあることにより、
容器の立体感が引きたち、また中身の透明度も協調され
高級感が伝わってくるパッケージです

パッケージ全体としても、プラスチック容器が一見ガラスに見え、
細部にまでデザインのこだわりを感じました


posted by NORI研究員 at 13:48| Comment(0) | プチ知識