2015年11月11日

デジタル化の潮流進むin Label Expo Europe

先日Label Expoヨーロッパに参戦しました
(※ラベルエキスポとは世界最大規模のラベルの展示会)
今年はビールとチョコレートの街、ベルギーでの開催
写真 2.JPG

4年ぶりの参戦となり、前回との変化はやはり「デジタル」
デジタル機のメーカーが激増しました、大手メーカーはもちろん
中小のメーカーが小型のオンデマンドプリンターを多数出品
小型機は予算をはじめスペースなどデジタル機導入の
ハードルも下がり、今後欧米でデジタル化が更に
スピードUPすると感じました
neuralabel.jpg

また、一方でフレキソ機のメーカーは大型のデジタル機をインライン化
したものが多く見受けられました。
つまりフレキソ機メーカーもデジタルと競い合うイメージではなく、
デジタルのメリットを取り込みオールマイティーな印刷機
「この一台で、又一回通しで何でもできますよ!」
という日本とは異なった欧米の考え方を強く感じました
Omet2.jpg

日本ではシール印刷機と言えば
まだまだ、凸版・オフセットのイメージですが、
ヨーロッパではフレキソを補間するデジタルが
絶妙の相性のように思いました。

そこには、日本とは異なった文化背景をはじめ、
ロットや印刷品質などニーズの違いもあり比較はできませんが。。。
今後の日本のデジタルの方向性が興味深いですね。



posted by NORI研究員 at 10:43| Comment(0) | 展示会