2021年06月17日

LINE×丸昌化学工業アカウントを開設しました

img_index13.png

多くの皆さまへ当社のことをご案内するため、
LINEによる情報発信を開始します。
新商品はもちろん、日々に役立つシール豆知識、
展示会出展情報など、様々な情報をお届けします♪
この機会に、ぜひ「友だち登録」をしてご利用ください。


お友達登録の方法は下記3通りございます

【1】下記QR読取り
LINEアプリ内の「友だち追加」画面から
「QRコード」で以下のQRコードを読み取り
M.PNG


【2】下記アドレスクイック
URLをタップまたはクリックすると、お客様のアカウントを友だち追加できます。

https://lin.ee/alWE2mI


【3】公式アカウント検索
LINEアプリ内の公式アカウント一覧の検索から「丸昌化学工業」を検索



posted by NORI研究員 at 15:25| Comment(0) | お知らせ

2021年05月19日

世界一やさしい「環境配慮型ラベル」のいろは

環境対応のラベルの問い合わせは年々増加しています。
ひと昔前はその方法として「再生材料」が一般的でしたが、今その選択肢は増え
「バイオマス」「脱プラ」「FSC」など。。。多岐に渡ります。
今回はまず環境配慮型製品の全体像を理解していただく為、
まず製品のカテゴリーを4つに分け、その特徴をお伝えします。


sdgs1.png


@再生材料 該当商品23種
   再生PET樹脂ラベル
   (使用済みペットボトルから再生したPET樹脂を使用。)
   表面基材に使用済みペットボトルを原料とした再生PET樹脂を使用。
   又は一部に使用して製造されたフィルムで、資源の循環的な利用により、
   化石資源の使用量削減に貢献します。
    ●特徴
     非再生PETフィルムベースのラベル基材と同等の物性を実現。
     一部エマルジョン粘着剤は、溶剤を使用しない環境配慮型粘着剤を使用。
    ●用途
     既存ラベルからの代替。(各種表示ラベル、POPラベルとして使用)

A植物由来・バイオマス粘着剤24種
   表面基材、粘着剤に植物由来の原料を使用し、
   石油資源の使用量削減に貢献します。
    ●特徴
     従来品の機能性を実現。
     ラベル素材の粘着剤層として、バイオマスマークの取得が可能。                            
    ●用途
     既存ラベルからの代替。
     (各種表示ラベル、POPラベルとして使用)

➂脱プラ9種
   ・紙素材
    表面基材にフィルムを使用しない紙原料を使用。
    耐水性に優れるラベル素材。
    ●特徴
     紙でつくられた耐水性に優れる素材。
     優れた紙質強度※、印刷適性。
    ●用途
     既存ラベルからの代替。
     (食品・日用品・化粧品などの表示ラベル、POPラベル。)

   ・生分解素材
    表面基材に、土壌や海洋でも自然分解し易い特殊フィルムと分解性を
    阻害し難い特殊粘着剤を使用。
    ●特徴
     表面基材には、自然分解し易いフィルムを使用。
     一部商品の粘着剤には、表面基材の分解を阻害しにくい特殊粘着剤を使用。
    ●用途
     既存ラベルからの代替。
     (食品・日用品・化粧品などの表示ラベル、POPラベル。)

CFSCレジスタードマーク認証紙13種
   FSCレジスタードマーク認証制度(森林認証制度)とは、
   「森林管理の認証(FM*1認証)」適切な森林管理が行われている事を
   認証するもの。
   「加工・流通過程の管理の認証(CoC*2認証)」証森林管理の認証を
   受けた森林からの木材・木材製品である事を認証するもの。
   2種類の認証制度です。
    ●特徴
     認証紙を使用する事により、適切な森林管理を行う林業者や地域を支援し、
     その生産品を原材料として使う企業や事業者を支持する事になり、
     森林保全へつながります。
    ●用途
     既存ラベルからの代替。
     (食品・日用品・化粧品などの表示ラベル、POPラベル)


posted by NORI研究員 at 08:39| Comment(0) | お知らせ

2021年02月17日

食品ロス・フードロス削減「FRESHラベル」

世界の食品廃棄量は年間約13億トンと言われています。
これは生産された食品全体のなんと1/3が廃棄されている事になります。
欧州では環境や飢餓などの観点から食品スーパーの売れ残り廃棄が禁止、
一昨年日本では「食品ロス削減推進法」が制定されました。
当社ではフードロスの削減の取り組みとして
「ラベルとして出来ること」を考え抜き、鮮度を色で表示できるラベル
「FRESHラベル」の販売に至りました。

※製品詳細やその一連の取り組みをラベル新聞(2021.2.15)に掲載いただきました。


記事
08-m1-3-1.png


食品ロス・フードロス削減「FRESHラベル」
https://peraichi.com/landing_pages/view/freshlabel


posted by NORI研究員 at 08:40| Comment(0) | 特集